自立立体駐車場のメリット

subpage-img

自立立体駐車場とは、駐車するスペースが複数回にわたって立体状に存在する駐車場の事で、各階に車が自走しながら駐車スペースまで移動する形の物を指します。

自立立体駐車場について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

自立立体駐車場のメリットは、土地を立体的に活用する事が出来るので駐車台数を多く確保できる事です。


機械式の駐車場に比べ入庫に待ち時間がなく、入庫が重なった場合でもすれ違いさえすれば順次出入庫できます。また、屋上以外の駐車スペースであれば屋根付きとなるため、雨が降っている時でも車も人間も濡れる心配もなく、夏の強い日差しで車のボディが高温になり室内がうだるような暑さになることもありません。メンテナンスの面でも機械式に比べるとメリットが大きいと言えます。


機械式はメンテナンスや保守点検などにかかる費用が必要で、機械トラブルの場合は部品や修理代だけに留まらず、稼働できないので営業自体が一時的にできなくなってしまう恐れがあります。

これに対し自立立体駐車場はこれらのメンテナンスが必要なく、照明のための蛍光灯の交換程度で構造さえしっかりしていれば維持管理費が少なくて済むのです。
また、機械式は利用できる車の大きさが制限されていますが、自立式の場合はほとんどの車種の駐車が可能で、車長や車幅、車高などの制限が緩いというメリットがあります。



このように自立立体駐車場は経営する側にとっても利用する側にとってもメリットが多いのですが、繁華街や都市部の条件の良い駐車場はどうしても駐車料金が高くなってしまいがちです。



top