自立立体駐車場とはどのような物か

subpage-img

立体駐車場には、自走式自立立体駐車場と機械式立体駐車場に分けることが出来ます。

自立立体駐車場について知りたいならこちらです。

自立立体駐車場は駐車場内を機械を使用せずに自走で駐車スペースまで車を運転し、入庫や出庫を行う駐車場です。

専用の昇降路の設置方式の違いでフラット式やスキップ式、連続傾床式の3つに分けることが出来ます。


種類としては、都市計画駐車場として道路の地下や公園の地下、駅前広場の地下などに設置される「専用地下駐車場」や、付置義務駐車施設としてビルの屋上や地下などに設置される駐車場、駐車場としてのみ使用する事を目的として建築された専用ビル式駐車場、プレハブ式の1層2段式の立体駐車場で建設大臣の認定を受けたものがあります。



この自立立体駐車場は機械式に比べ駐車スペースが多く確保できる事や、経営するうえでも機材などを購入する必要が無く初期投資が抑えられるため、使われていない土地を活用したい人や資産運用をしたい人達から注目を集めています。



また、機械のメンテナンスや保守管理などの維持経費もほとんどかからないので、うまく回転さえすればある程度の高収入が期待されます。
しかしながら、自立立体駐車場は駐車するスペースまで車の運転手が自走で車を移動させ出入庫しなければならず、それに伴って何らかのトラブルや事故に対する心構えと準備をしておく必要があります。


あらゆることを想定して事故が起こらないように設備を充実させたり、場内の事故に対して保険に加入したりするようにしましょう。

top